東京医科大学が、入学試験で文部科学省官僚の子息らに加点──。この医学部入試の不正問題について本誌が行った調査では、入試不正が自身の入学時に「あった」「あったと思う」との回答は計16.0%に達した。特定の受験生への加点、女性や多浪生の減点など、様々な“調整”が行われてきた背景を日経メディカル2018年10月号の特集で掘り下げる。

許せない? 必要悪? 入試不正の画像

ログインして全文を読む