“夢の治療”の代表格、再生医療。中でもiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた細胞移植治療は、加齢黄斑変性や重症心不全など一部の疾患で臨床研究が始まっている。医師を対象とした調査では、実用化時期を「10年以内」とする予測が最多だった。

iPS治療の実用化、4割は「10年以内」と予測の画像

ログインして全文を読む