今年4月の診療・介護報酬同時改定を受け、病棟の再編に取り組む施設が増えている。病院の開設者や勤務医に取り組み状況を聞いたところ、「病床のダウンサイジング(減床)」との回答が最多(11.0%)で、「地域包括ケア病棟の開設、拡大」(9.9%)が続いた。

同時改定対応策、最多は「病床削減」の画像

ログインして全文を読む