日経メディカル Onlineの医師会員を対象とした調査から、約半数の医師がフレイル高齢者の治療方針を決める上で推定余命を考慮していることが明らかになった。

治療方針決定時に「余命を考慮」は約半数の画像

ログインして全文を読む