日経メディカルのロゴ画像

医師3321人に聞く「新規抗インフル薬使った?」
ゾフルーザを処方した医師は9.1%
「単回投与」評価も、多くの医師が「情報乏しい」と処方見送り

 申請からわずか4カ月でスピード承認され、今年3月14日に発売された新規抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名バロキサビル マルボキシル)。タミフル(オセルタミビル)と比べ、抗ウイルス効果が有意に高いことが確認されており、既存薬と異なる作用機序を有するため、タミフルをはじめノイラミニダーゼ阻害薬に耐性を獲得したウイルスに対する効果や、単回投与で済むため高いコンプライアンスも期待されている(関連記事)。

 2017/2018年インフルエンザシーズン終盤の登場だったため、ゾフルーザを処方する機会がなかった医師も多いと思われるが、同シーズンにおけるゾフルーザの使用経験をWebアンケートで聞いてみた。

 アンケートでは、2017/2018年インフルエンザシーズンにおいてゾフルーザを(1)10人以上の患者に処方した、(2)5~9人の患者に処方した、(3)1~4人の患者に処方した、(4)インフルエンザ疑いの患者を診たが1回も処方していない、(5)3月の発売日以降、インフルエンザ疑いの患者を診ていない──の5つの選択肢を用意し、最も近いものを1つだけ選んでもらった。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ