流行期のインフルエンザ疑いの患者に対する迅速検査の実施方針を聞くと、8割は「基本的に全例で行う」と回答。「家族内でウイルス曝露が明らかならば行わない」から「患者の要望が強いので全例に」まで幅はあるものの、臨床現場への浸透がうかがえる。

インフルエンザ迅速検査は必須?の画像

ログインして全文を読む