日経メディカルのロゴ画像

医師4166人に聞く「先の衆院選はどう行動しましたか?」
医療に関する主張・政策は投票に影響せず
医師の投票率は7割超

 希望の党が失速した上に台風も直撃し、10月22日に投票が行われた第47回衆議院議員総選挙の投票率は52.66%と、戦後2番目の低さになった。これに対して日経メディカル Onlineが会員医師を対象に実施した調査「衆院選の医療・福祉政策に関するアンケート」の結果では、投票に行ったという回答者が72.3%と高い数字だった。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ