日経メディカルのロゴ画像

医師3650人に聞く「SGLT2阻害薬の処方率」
SGLT2阻害薬の処方率、低空飛行続く
現状で1割にとどまるも、回答医師の過半数が「今後は増加」

 SGLT2阻害薬の発売から3年が経過したが、まだ処方率は「低空飛行」の状況にある。今年5月に日経メディカル Onlineの医師会員を対象に行った調査では、「10%以下」との回答が70.5%に上った。日本臨床内科医会が昨年行った調査でも「10%以下」との回答が72.8%であり、DPP-4阻害薬に比べた実臨床への浸透は、直近でもスロースピードであることがうかがえた。ただし、自身の臨床で今後1~2年間にSGLT2阻害薬を処方する患者は増えるとの回答が過半数を占め、これからの処方は積極的に考えている医師が多いことが分かった。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ