日経メディカルのロゴ画像

医師3879人に聞く「救急車の有料化に賛成?反対?」
医師の9割が救急車の有料化を支持
利用1回当たり5000~1万円の負担が妥当とする意見が最多

 救急車を要請した事案の多くが軽症患者だとして昨年、国の財政制度等審議会が救急車の一部有料化を検討するよう財務相に提言したことが話題になった。地域医療の第一線で日夜救急患者を受けている医師たちは、救急車の有料化についてどう思っているのだろうか。Webアンケートで聞いてみた。

 「軽症」をどう線引きし誰が判断するかは今後の課題だが、アンケートでは次の3つの選択肢を用意し、自身の考えに近いものを1つだけ選んでもらった。

(1)救急車を要請した事案全てに料金を請求すべき
(2)搬入後に軽症と診断された場合は料金を請求すべき
(3)救急車は有料化すべきではない

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ