日経メディカルのロゴ画像

医師3248人に聞く
発熱でも38℃未満ならば、9割の医師は出勤
「かぜ」で医師が飲むのは葛根湯、ロキソニン

 空気が乾燥し、気温が下がるこの季節。かぜ感冒)を引くのは患者に限らない。医師は自身が発熱や咽頭痛、咳といったかぜ症状(ウイルス性上気道炎)を発症した場合、どう対処しているのか――。

 日経メディカル Onlineの医師会員3248人に、かぜ症状を発症した場合の対処法に関する調査を実施。その結果、58.5%と半数以上の医師が「欠勤せず睡眠時間を十分にとる」と答え、「薬剤を服用する」(52.1%)、「水分を十分にとる」が33.5%。「欠勤・勤務時間を短くして休養する」と答えた医師は12.2%に留まっていた(図1)。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ