日経メディカルのロゴ画像

医師2975人に聞く「機能性表示食品、どう思う?」
医師の8割近くは機能性食品の利用を容認
特定保健食品も含め、3分の2は患者からの相談応需経験なし

 本サイト記事「機能性表示食品、いよいよ登場」で紹介したように、6月から販売が始まった機能性表示食品。この「新しい枠組みの健康食品」について、医師はどの程度認知しているのだろうか。患者が機能性表示食品や特定保健用食品など、健康維持に役立つとされる機能性食品を利用することに対して医師はどう考えているのだろうか。日経メディカル Onlineの会員医師を対象に、機能性表示食品の認知度や容認度などを尋ねた。

 認知度についての設問では、「詳細な知識あり」「簡単な知識あり」「販売されることは認知」「ほとんど知らない」の、4つの選択肢を提示。その結果、詳細な知識を持っている医師は3.4%、簡単な知識を持っている医師は14.2%を占めたが、44.0%は販売されることを認知しているにとどまった。機能性表示食品について、ほとんど(あるいは全く)知らないと回答した医師は38.4%だった(図1)。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ