日経メディカルのロゴ画像

医師2947人に聞く「医療事故で病院は適切に対応してくれるか?」
17%が「病院に責任を押しつけられるのでは」と不安
今年10月スタートの医療事故調査制度に医師が抱く不安

 今年10月、医療事故調査制度がいよいよ始まる。しかし、4月の時点で9割以上の医師は制度の詳細を把握しておらず、7割以上は半年後のスタートさえ知らないという状況だったことは既報の通りだ(関連記事)。同じ調査では、「あなたが医療事故の当事者となり、院内事故調査が行われた際、病院は適切な対応を取ってくれると思いますか」と尋ねた。

 その結果、どうやら、「病院が自分1人に罪をなすりつけ、トカゲのしっぽ切りをされないだろうか」といった不安を抱える医師は少なくない。回答した勤務医(2529人)の6割弱は「どうなるのかはよく分からない」と回答したが、「管理者に『全ての責任を自分に押しつけられるのでは』と不安」は16.7%を占める結果に(図1)。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ