日経メディカルのロゴ画像

医師3259人に聞く「何時間寝ていますか?」
翌日が休みなら、医師もやっぱり寝だめする
平日の睡眠時間、50歳代までは「5~6時間」が最多

 総務省統計局が5年ごとに行っている社会生活基本調査(最新は2011年)によると、日本人の平均睡眠時間は7時間59分。平日よりも土曜日、日曜日の方が平均睡眠時間は長い(それぞれ、7時間44分、8時間18分、8時間35分)。平日の睡眠不足を補うために土日に長く寝るという、いわゆる「寝だめ」を、多くの日本人が行っている証左だろう。

 睡眠医学の観点からは、寝だめは睡眠リズムを乱し、不眠の引き金になるとされている。とはいえ、普段から寝不足なら、やはり休前日はゆっくり寝たいのが人情。そこで今回の「医師1000人調査」では、医師の睡眠時間を平日と休前日に分けて聞いてみた。

 選択肢として示した睡眠時間は、(1)3時間未満、(2)3~5時間、(3)5~6時間、(4)6~7時間、(5)7~8時間、(6)8時間以上──の6つ。すると、平日は「5~6時間」が最多だが、休前日は「6~7時間」が最多になった。休前日は「3~5時間」「5~6時間」が減り、「7~8時間」「8時間以上」が増えた(図1)。医師もやっぱり寝だめするのだ。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ