日経メディカルのロゴ画像

医師2876人に聞く「電子たばこの認知度」
増える電子たばこ、8割以上は詳細を知らず
一方で1割は「患者から質問されたことがある」

 本サイト記事「電子たばこの規制に動く欧米、遅れる日本」にあるように、欧米では電子たばこが爆発的に売り上げを伸ばしており、ニコチンを含有する製品については紙巻きたばこに準じた社会的規制が導入されつつある。わが国での普及も時間の問題とされていることから、日経メディカル Onlineの会員医師を対象に電子たばこの認知度を尋ねた。

 その結果、「知らない」との回答が3割で、「存在程度(売られていることは知っている)」も5割を超えた。一方で患者から質問されたことがあるとの回答は1割近くに上った。患者の質問に的確に答えられるように、臨床医は正確な情報の収集が急務といえそうだ。



連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ