日経メディカルのロゴ画像

花粉症診療を行う医師1744人に聞く「舌下免疫療法への期待は?」
自宅で服薬できる舌下免疫療法に8割が期待
長期服用のコンプライアンスや副作用への対応には懸念

 スギ花粉症に対する国内初の舌下免疫療法薬(シダトレンスギ花粉舌下液)が今年10月に発売された。シダトレンの発売によって、抗アレルギー薬の使用や鼻粘膜焼灼術などの対症療法が中心とされていたスギ花粉症への治療に、新たな選択肢が増えることとなる。

 舌下免疫療法は、アレルギー疾患の原因であるアレルゲンを舌下に投与して徐々に増量し、アレルゲンへの反応を減弱させることで、炎症反応を低下させる減感作療法の1つだ。

 実際の治療では、開始から1~2週目の増量期と3週目以降の維持期に、それぞれ定められた量のスギ花粉エキスを1日1回舌下投与する。投与後は2分間、エキスを舌下に保持した後に飲み込み、その後5分間はうがいや飲食は控えるようにする。効果を得るには最低でも2年間、治療効果を継続させるには3~5年間続ける必要があるとされている。

 治験では、2割弱の患者が寛解となり、自宅での服薬が可能な新たな治療法と注目されているシダトレン。花粉症を診ている医師はどのように捉えているだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、アンケートで聞いてみた。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ