日経メディカルのロゴ画像

医師2119人に聞く「デング熱に関する相談を受けましたか」
「デング熱かも?」と相談を受けた医師は2割弱
デング熱の次はマラリアが来るのでは…

 今年8月、海外渡航歴のない10代女性が発症したのをきっかけに、国内での感染が急速に拡大したデング熱。10月に入ってからは気温の低下とともに蚊の活動が衰え、流行は収束に向かいつつある。

 約70年ぶりの国内感染と注目を集め、一時は報道が過熱したが、今回の流行を受けて患者から「デング熱かも?」と相談を受けた医師はどれくらいいたのだろうか。日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、アンケートで聞いてみた。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ