日経メディカルのロゴ画像

医師1966人に聞く「プレゼンに自信ありますか?」
医師が参考にするプレゼンターはあの人
プレゼンの悩みは「緊張」「スライド作成」

医師が参考にするプレゼンターはあの人の画像

 プレゼンテーションといえば、学会や院内での症例発表を想像する人が多いのではないだろうか。しかし、プレゼンテーションとは本来、「情報伝達手段の一種で、相手に情報を提示して理解や納得を得る行為」。患者・家族への説明はもとより、他科・上級医へのコンサルト、同僚・看護師への申し送りまで、医師の日常はプレゼンの連続だ。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ