日経メディカルのロゴ画像

医師2051人に聞いた「感染予防策は万全?」
感染症「標準予防策」は7割が自信あり
手洗いなど個別の予防策には不安も

 「全ての患者が感染症に罹患している」という前提で実施するスタンダードプリコーション標準予防策)。米CDC(疾病予防管理センター)が1996年にコンセプトを示して以来、スタンダードプリコーションは感染制御の基本として普及が進んでいる。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ