日経メディカルのロゴ画像

医師1852人に聞いた「輸液療法で迷った経験は?」
輸液療法で8割弱が「迷う、難しいと感じる」
体液過剰、安全域が狭い患者など、様々な場面で迷い

 体液管理や栄養管理など、輸液療法は多くの場面で必要とされる治療法だ。しかし、医療現場で輸液療法について体系的に学ぶ機会はほとんどない。そのため、「何となく」いつも同じ輸液製剤から始めたり、若い頃に師事した上級医の方法をそのまま踏襲してやり過ごしてきた結果、日々小さな迷いを抱えていたり、複雑な症例に出くわしたときに難しいと感じる人は多いのではないだろうか。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ