日経メディカルのロゴ画像

医師1030人に聞いた「年始の挨拶」 Vol.1
年賀状、何枚送りますか?
年賀はがきが大多数、半分以上の開業医は100人超に送付

2013/12/27
石垣恒一=日経メディカル

図1 2014年の年賀状は何人くらいに送る予定ですか。

 年末恒例の年賀状の作成。しかし、ただでさえ忙しい年末に、医師は果たして何通の年賀状を出すのだろうか。来年(2014年)の年始の挨拶について、医師1030人に聞いてみた。

 まず、2014年の年賀状をどれだけの人に送るのか聞いたところ、ほぼ6割が50人超(図1)。3割以上は、100人を超える相手に年賀状を送る予定だ。特に開業医は、回答者143人のうち81人(56.6%)が100人超に送付と、交流の広さ(ノルマ?)を感じさせた。

 もっとも、100人以上に年賀状を送っている医師からも、自由意見では「面倒」「意味のない習慣だからやめるべき」という声は相当数寄せられた。忙しいのでやめたいけれども、長年の習慣やしがらみをスッパリ断ち切ることも難しいという状況も垣間見られる。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ