日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー◎ASCO 2021・胃癌
進行胃癌の1次治療で新たな分子標的薬の登場が近づく
抗FGFR2b抗体、抗HER2抗体-薬物複合体の有効性を再確認

2021/07/28
がん研有明病院 消化器化学療法科部長 山口 研成 氏

 6月にオンラインで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021)では、FGFR2b陽性の進行胃癌の1次治療として、ヒト化抗FGFR2b抗体bemarituzumabのmFOLFOX6への上乗せ効果を評価した国際的な第2相のランダム化比較試験FIGHTから、最新の解析結果が発表された。有効性が改めて示され、免疫組織化学染色法(IHC)で10%以上の陽性だった患者では全生存期間(OS)が2年を超えるなど、第3相試験への展開が期待される結果となった。FIGHT試験には日本からも参加している。

 日本と韓国で行われた第2相のランダム化比較試験DESTINY-Gastric01からも、最新解析の結果が発表された。HER2陽性の既治療の進行胃・食道胃接合部癌に対し、抗HER2抗体-薬物複合体トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd、DS8201)は、医師が選択した化学療法と比べて、奏効率とOSを改善することがより明確に示された。

 これらの試験の解釈と日本の臨床における意義について、FIGHT試験の共同演者であり、DESTINY-Gastric01試験の最新解析の結果を発表した、がん研有明病院消化器化学療法科部長の山口研成氏に聞いた。
(まとめ:日経メディカルOncology編集部)


この記事を読んでいる人におすすめ