日経メディカルのロゴ画像

学会リポート◎日本骨髄腫学会2021
多岐にわたる症状を持つ多発性骨髄腫の治療のヒント
骨病変は抗腫瘍活性と骨改善作用を併せ持つ新規治療を目指す

2021/07/13
八倉巻尚子=医学ライター

 多発性骨髄腫は、形質細胞の単クローン性増殖と、骨髄腫細胞から産生される単クローン性免疫グロブリン(M蛋白)の増加に伴って、骨病変、貧血、腎機能低下といった臓器障害が起こる。これらは骨髄腫診断事象(MDE)であり、1つ以上のMDEを認める症候性多発性骨髄腫が全身化学療法の対象となる。

 第46回日本骨髄腫学会学術集会のシンポジウム温故知新では、骨病変、貧血、腎障害について、その機序と治療の最新動向が紹介された。

この記事を読んでいる人におすすめ