日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー◎SG-BCC 2021
遺伝子シグネチャーによる層別化が日本の乳癌診療の大きな課題
低リスク閉経前患者への化学療法の追加、CDK4/6阻害薬の術後補助療法は意見が分かれる

2021/04/19
愛知県がんセンター副院長・乳腺科部部長 岩田 広治 氏

 3月17日から21日にthe 17th St. Gallen International Breast Cancer Conference(SG-BCC 2021)が開催された。今年はウエブ開催となり、各国のエキスパートが集まって早期乳癌治療についてボーティングをするコンセンサス会議は2日間にわたって行われた。愛知県がんセンター副院長・乳腺科部部長の岩田広治氏に、今年の会議の概要と今後の日常診療への影響を解説してもらった。
(まとめ:日経メディカルOncology編集部)


この記事を読んでいる人におすすめ