日経メディカルのロゴ画像

学会リポート◎日本胃癌学会2021
今年発刊される胃癌治療ガイドライン第6版の改訂ポイント
免疫チェックポイント阻害薬とゲノム検査のCQが追加に

2021/03/19
八倉巻尚子=医学ライター

 胃癌治療ガイドライン第6版が今年5月中あるいは6月に発刊される予定である。3月3日から5日までWEB開催された第93回日本胃癌学会総会のプレナリーセッション「新しい胃癌治療ガイドライン」で明らかにされた。

 セッションでは第6版における改訂のポイントが解説された。化学療法では免疫チェックポイント阻害薬やゲノム検査に関するクリニカルクエスチョン(CQ)が追加され、手術に関しては腹腔鏡下手術を含めCQが17に増加、内視鏡治療では未分化型癌にも適応が広がったことが紹介された。

この記事を読んでいる人におすすめ