日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー◎ASCO GI 2021・食道癌
20年に1度の変革期を迎えた食道癌の薬物療法
IOによる生存延長が長期観察により明らかに

2021/02/17
国立がん研究センター中央病院頭頸部内科 加藤 健 氏

 癌免疫療法(IO)による進行食道癌の治療に新たな知見が加わった。2021 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI 2021)において、治療歴のある食道癌に対してニボルマブの有効性を示したフェーズ2試験のATTRACTION-1試験、およびフェーズ3試験のATTRACTION-3試験から長期観察の結果が発表された。また術前治療として3剤併用化学療法の周術期安全性がフェーズ3試験のJCOG1109試験で示された。IOによる1次治療や術後補助療法の有用性も報告され、食道癌治療に今、大きな変化がもたらされている。

 ASCO GI 2021で発表された試験結果を中心に、今後の食道癌治療の方向性について、国立がん研究センター中央病院頭頸部内科の加藤健氏に解説してもらった。
(まとめ:日経メディカルOncology編集部)


この記事を読んでいる人におすすめ