日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー◎HR陽性乳癌の臨床
CDK4/6阻害薬はHR陽性乳癌の一次治療に、化学療法までの期間を延ばす
長期投与にはその人の至適用量と投与方法を早期に見つけることが大切

2020/01/08
関西医科大学乳腺外科診療科長/診療教授 杉江 知治 氏

 従来の内分泌治療薬だけでは予後の改善が限定的であったホルモン受容体(HR)陽性進行・再発乳癌において、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬は無増悪生存期間(PFS)を延長するだけでなく、二次治療において全生存期間(OS)も延長することが報告されている。長年にわたり内分泌治療薬の単剤療法が基本であったHR陽性乳癌の治療のなかで、このCDK4/6阻害薬の位置付けや投与における工夫、そして今後の展開について、関西医科大学附属病院乳腺外科診療科長・診療教授の杉江知治氏に解説してもらった。
(まとめ:日経メディカルOncology編集部)


この記事を読んでいる人におすすめ