日経メディカルのロゴ画像

エリアレビュー◎乳癌診療ガイドライン
乳癌診療ガイドライン追補版で取り上げられた薬物療法の改訂ポイント
レスポンスガイドによる周術期治療や転移・再発乳癌に対するプラチナ製剤の項目を新設

2020/01/07
名古屋市立大学大学院医学研究科乳腺外科学分野教授 遠山 竜也 氏

 乳癌診療ガイドラインは2018年に冊子が発行され、その後の新たなデータや新薬の承認に合わせて半年ごとにWEB版を発行してきた。「乳癌診療ガイドライン2018年版[追補2019]」には、2018年版から改訂された内容に加え、日常診療で重要性を増している項目や2018年版では削除されたが復活してほしいという希望のあった項目も新設されている。

 ガイドラインにおける薬物療法の改訂のポイントについて、薬物療法小委員会委員長で名古屋市立大学乳腺外科の遠山竜也氏に解説してもらった。
(まとめ:日経メディカルOncology編集部)

この記事を読んでいる人におすすめ