日経メディカルのロゴ画像

学会リポート◎日本がんサポーティブケア学会2019
癌治療における悪液質ケアと疼痛緩和の最新知見
新規薬剤の開発・使用の状況は?

2019/09/30
八倉巻尚子=医学ライター
癌治療における悪液質ケアと疼痛緩和の最新知見の画像

 体重減少や食欲不振が主症状である悪液質に関して、ここ数年で新しい知見が蓄積され、治療薬の開発も進んできた。また癌患者の疼痛緩和では、オピオイドの化学構造や薬物代謝から、いかに抗癌薬や抗うつ薬などと組み合わせるかについてのデータが集まってきた。
 9月に開催された日本がんサポーティブケア学会(JASCC)学術集会の「Year in Review」の中から、Cachexia(悪液質)部会と痛み部会の発表内容を紹介する。

この記事を読んでいる人におすすめ