癌患者での発症頻度が高いせん妄に対して、日本がんサポーティブケア学会は日本サイコオンコロジー学会(JPOS)との共同で、「がん患者におけるせん妄ガイドライン」を2019年2月に発行した。
 9月に開催された第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会の「ガイドラインコンセンサスミーティング」(司会:福岡大学医学部総合医学研究センターの田村和夫氏)では、せん妄ガイドラインの内容と使い方が解説された(座長:国立がん研究センター中央病院支持療法開発センター/精神腫瘍科の内富庸介氏)。

がん患者のせん妄に適切なケアを届けるためにの画像

ログインして全文を読む