7月にスペイン・バルセロナで開催されたESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2019(WCGC2019)では、日本も参加した第III相のランダム化比較試験(BEACON CRC)の中間解析から、予後が不良なことで知られるBRAFV600E遺伝子変異(以下、BRAF遺伝子変異)陽性進行大腸癌の標準治療を変える可能性がある結果が発表された。
 BEACON CRC試験では、1または2レジメンの治療歴があるBRAF遺伝子変異陽性進行大腸癌患者において、MEK阻害薬ビニメチニブ、BRAF阻害薬エンコラフェニブ、抗EGFR抗体セツキシマブの3剤併用療法が、セツキシマブとイリノテカンを含むレジメンと比べて有意に全生存期間(OS)と奏効率を改善した。同試験は有効中止となっている。

BRAF遺伝子変異陽性大腸癌の標準治療を変えうる新たな治療法が登場の画像

ログインして全文を読む