進行大腸癌に対するFOLFOXIRI+ベバシズマブの有用性が2つのフェーズ3試験の結果として、米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で発表された。1つはベバシズマブ併用でFOLFOXIRIを1次治療と2次治療双方で用いる方法と、1次治療にFOLFOX、2次治療ではFOLFIRIと逐次投与する方法を比較したTRIBE2試験。もう1つは循環腫瘍細胞数が3個以上といったより予後不良と考えられる大腸癌を対象に、FOLFOXIRI+ベバシズマブとFOLFOX+ベバシズマブを比較したVISNU-1試験である。さらにmFOLFOXIRIとパニツムマブの併用のフェーズ2試験、VOLFIの最終結果も報告された。これらの試験結果の解釈と日本の大腸癌診療への影響について、香川大学医学部・医学系研究科臨床腫瘍学/香川大学医学部附属病院がんセンターの辻晃仁氏に解説してもらった。

大腸癌の1次治療はトリプレットを中心とした強化療法への画像

ログインして全文を読む