EGFR変異陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療として、EGFR-TKIであるエルロチニブと抗VEGFR-2抗体ラムシルマブの併用療法は、エルロチニブとプラセボの投与よりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長することが、無作為化フェーズ3試験RELAYで明らかになった。この結果を米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で発表した近畿大学医学部内科学腫瘍内科の中川和彦氏に、RELAY試験の背景と結果の解釈、EGFR変異陽性肺癌の1次治療の今後について解説してもらった。

EGFR変異陽性肺癌で示されたEGFR-TKI+血管新生阻害薬の効果の画像

ログインして全文を読む