進行胃・胃食道接合部腺癌の1次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ単剤療法は、HER2陰性、PD-L1陽性(Combined Positive Score[CPS]1以上)の患者の全生存期間(OS)で、標準化学療法に対する非劣性を示した。一方、ペムブロリズマブと化学療法の併用は、標準化学療法に対する優越性を示せなかった。KEYNOTE-062試験におけるこれらの結果は、米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で発表された。この結果の解釈と臨床への影響、さらにASCO2019で発表された胃癌領域の他の注目演題について、大阪大学の佐藤太郎氏に解説してもらった。

胃癌1次治療におけるペムブロリズマブの意義とはの画像

ログインして全文を読む