進行腎細胞癌の1次治療として、癌免疫療法薬(IO)とチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)併用療法の有効性が確実になってきた。ペムブロリズマブとアキシチニブの併用療法はスニチニブ単独に比べて有意に生存を延長することがフェーズ3試験で明らかになり、またアベルマブとアキシチニブ併用療法の有効性がフェーズ3試験のサブグループの解析で確認、ニボルマブとイピリムマブの併用療法では長期効果も示された。
 Genitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2019)で発表されたこれらの試験の結果ならびに今後の腎細胞癌治療の展望について、近畿大学医学部泌尿器科学主任教授の植村天受氏に解説してもらった。

3つの複合免疫療法が生存延長を示した腎細胞癌の1次治療の画像

ログインして全文を読む