日経メディカルOncologyは2007年11月に続き、2008年11月に進行胃癌の薬物治療に関する調査を行った。胃癌治療ガイドライン第5版が発刊されたことなどにより、薬剤の使用動向がどう変化したかを確認することが目的である。

胃癌は効果が期待できる治療を年齢にかかわりなく選択することが定着の画像

ログインして全文を読む