進行腎癌に対する新規免疫療法薬(IO)として、2016年8月に抗PD-1抗体ニボルマブが2治療以降に保険適用となり、2018年8月にはニボルマブと抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用療法がintermediate/poorリスクの腎癌に対する1次治療に承認された。さらにIOとTKIを1次治療で併用する複合免疫療法の検討も行われ、報告が相次いでいる。
 近畿大学医学部泌尿器科学主任教授の植村天受氏、慶應義塾大学医学部泌尿器科学教室教授の大家基嗣氏に、腎癌に対する免役チェックポイント阻害薬の応用の現状と将来展望について議論してもらった。

腎癌分野における免疫チェックポイント阻害薬応用の現状と将来展望の画像

ログインして全文を読む