日本肺癌学会の「肺癌診療ガイドライン2018年版」が昨年11月に公開された。今回の改訂のポイントと実地臨床への影響について、和歌山医科大学呼吸器腫瘍内科教授の山本信之氏に解説してもらった。

NSCLCの1次治療に免疫療法の関与が広がるの画像

ログインして全文を読む