日経メディカルOncologyは、昨年11月に実施した進行大腸癌の薬物治療に関するアンケートから1年が経過したことから、再度調査を行った。調査の目的は、使用可能な薬剤が増え全生存期間(OS)の延長効果が顕著である進行大腸癌の、薬物療法の現状を明らかにすること。また今回は、原発巣の位置による治療薬の選択についても尋ねた。

RAS/BRAF野生型進行大腸癌の1次治療は原発巣の位置で変更の画像

ログインして全文を読む