11月にアイルランド・ダブリンでthe EORTC-NCI-AACR SYMPOSIUM “MOLECULAR TARGETS AND CANCER THERAPEUTICS”(EORTC-NCI-AACR2018)が開催された。2種類の抗原を結合するバイスペシフィック(二重特異性)抗体や抗体薬物複合体(Antibody-Drug Conjugate、ADC)、免疫療法薬との併用など、注目された演題について、神戸大学大学院医学研究科腫瘍・血液内科学/神戸大学医学部附属病院腫瘍・血液内科の南博信氏に解説してもらった。

抗体薬物複合体(ADC)とバイスペシフィック抗体の躍進の画像

ログインして全文を読む