肺癌などとは異なり、進行大腸癌に対する免役チェックポイント阻害薬(ICI)の効果は限定的である。現在、効果が認められているのは、マイクロサテライト不安定性陽性(MSI-H)またはミスマッチ修復機構欠損(deficient mismatch repair:dMMR)の進行大腸癌だけだ。
 10月にドイツ・ミュンヘンで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2018)では、MSI-H/dMMRの大腸癌に対する発表が相次ぎ、今後の大腸癌分野におけるICI応用の展望が開けてきた。また、FOLFOXIRIレジメンの可能性をさらに示したTRIBE2試験の結果も報告された。国立がん研究センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏に、これらの発表の意義、今後の大腸癌の薬物療法の展望について語ってもらった。

免疫チェックポイント阻害薬で大腸癌治療はどこまで変えられるかの画像

ログインして全文を読む