今年9月の世界肺癌学会(WCLC2018)では、ALK陽性肺癌の1次治療としてbrigatinibのクリゾチニブを超える有効性がフェーズ3試験で示され、ROS1融合遺伝子陽性肺癌に対するentrectinib、およびEGFRとHER2エクソン20の変異に対するpoziotinibといった新薬の臨床試験結果も発表された。またアファチニブについてはリアルワールドのデータの報告もあった。これらの結果の意義と今後の肺癌診療への影響などについて、愛知県がんセンター中央病院呼吸器内科部長の樋田豊明氏に解説してもらった。

ALK肺癌、RET肺癌に選択肢が増え治療シークエンスを考える時代にの画像

ログインして全文を読む