胆道癌の根治には外科的切除が基本だが、切除ができても再発する例が多く、補助療法の必要性が指摘されてきた。しかし胆道癌における術後補助療法の臨床試験は限られており、しかもポジティブな結果が得られた試験は現在のところ1試験のみである。また術前補助療法については有用とする報告はあるものの、臨床試験は少なく、その適応や効果も明らかではない。7月に鹿児島で開催された第73回日本消化器外科学会総会のワークショップ「胆管癌に対する術前治療の意義」(司会:新潟大学大学院消化器・一般外科学の若井俊文氏)では、切除可能例、切除可能境界(ボーダライン切除可能)例、切除不能例に対する術前治療の有効性が議論された。

より効果の高い化学療法が求められる胆道癌の術前治療の画像

ログインして全文を読む