切除不能膵癌に対してFOLFIRINOXやゲムシタビン+nab-パクリタキセルが使われるようになり、治療成績の向上とともにコンバージョン手術も期待できるようになった。最近では周術期化学療法で有望な結果が出始め、結果待ちの臨床試験も軒並み控えている。これらの新しい知見を検討した「膵癌診療ガイドライン」の改訂作業が、2019年秋の発刊に向けて進んでいる。

来年秋に向け改訂が進む膵癌診療ガイドラインの画像

ログインして全文を読む