多発性骨髄腫の1次治療および維持療法に免疫調整薬(IMiD)レナリドミドが多く使われるようになった。それに伴い、レナリドミドに再発・難治性になった場合の治療法が模索されており、新しいIMiDやプロテアソーム阻害薬、さらに抗体医薬を用いた併用療法の有効性が評価されている。ASCO2018では、後方ラインで使用されている新規IMiDのポマリドミドをより早期のラインで用いることを評価した第3相試験OPTIMISMMや、抗体医薬ダラツムマブによる3剤併用療法の第1b相試験の結果などが発表された。これらの試験を中心に、これからの多発性骨髄腫の治療について、国立病院機構岡山医療センター血液医長の角南一貴氏に解説してもらった。

レナリドミドに再発・難治性多発性骨髄腫の治療を考えるの画像

ログインして全文を読む