免疫チェックポイント阻害薬の新しい試験結果が次々と発表され、肺癌の治療体系を大きく変えている。今回の米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)でも重要な発表が相次いだ。これらの結果の意義と今後の肺癌診療への影響などについて、がん研有明病院呼吸器内科の西尾誠人氏に話してもらった。

肺癌の1次治療で高まる免疫チェックポイント阻害薬と化学療法併用の意義の画像

ログインして全文を読む