日本で行われた第II相のREVERCE試験は、KRAS遺伝子野生型の進行大腸癌に対するレゴラフェニブについて、少し早いラインでの可能性をみようと始めた試験です。大腸癌に対するシークエンシャルな治療において、レゴラフェニブと抗EGFR抗体の投与の順序を入れ替えて比較しています。当初、私たち研究グループは、どちらを先に投与しても全生存期間(OS)は同様となるだろうと想定していました。

進行大腸癌の後方ライン治療で見えてきた新たな戦略の画像

ログインして全文を読む