乳癌に対する分子標的療法は、優れた予後改善効果により標準治療の1つに位置づけられている。今後も多くの分子標的薬が登場することが予測され、治療アルゴリズムはさらに高度化し、治療選択肢は増え、治療成績は一段と向上すると期待されている。

分子標的時代の乳癌治療、課題は治療の最適化の画像

ログインして全文を読む