15th St. Gallen International Breast Cancer Conferenceは、3月15日から18日までオーストリア・ウィーンで開催され、105カ国から約3000人が参加しました。最終日に行われたコンセンサスセッションでは、乳癌のエキスパート43人がパネリストとなり、早期乳癌患者に最適な治療を提供することを目指し、作成されたステートメントについて議論した後、ボーティングが行われました。トピックには、手術、放射線療法、術前および術後の薬物療法、遺伝学、予防まで広く含まれており、最終的なコンセンサスは今年の夏に論文として発表される予定です。

いかに効果を損なわずに早期乳癌の治療を減らすかの画像

ログインして全文を読む