2017 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI 2017)が1月に米国サンフランシスコで開催され、大腸癌治療に関しては、HER2やBRAFを標的とするPrecision Medicineに向けた治療開発、原発巣占居部位による二次治療の効果、癌免疫治療の最新情報などが注目された。

Precision Medicineに向けBRAF、HER2を標的とする治療の開発が大腸癌で進行の画像

ログインして全文を読む