11月から12月にかけてドイツ・ミュンヘンで開催された28th EORTC-NCI-AACR Symposium on Molecular Targets and Cancer Therapeutics(以下、EORTC-NCI-AACR)に参加しました。今年の学会では、近い将来臨床応用できると期待される話題が大きく3つあったと思います。

免疫チェックポイント阻害薬の成功で辺縁領域へ研究が広がるの画像

ログインして全文を読む